Zama book

2014年03月01日
「ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体」原田 曜平 著
  新 刊 紹 介 出版社書籍情報ボタン
書籍画像 書籍名 ヤンキー経済 消費の主役・新保守層の正体
著 者 原田 曜平
出版社 幻冬舎 発売日 2014/01/30 価 格 780円+税

 
 著者は、博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー。若者研究所には100名を超える若者たち(高校生、大学生、若手社会人)が所属していて、彼らと一緒に若者の消費行動やライフスタイルの研究と若者向けマーケテイングを行っている。2005年頃から今日まで、のべ1000人以上の若者たちにインタビュー調査を行っている。
 


(主な内容)
 

【序章 マイルド化するヤンキー】

・マイルドヤンキーの消費がこれからの日本を支える
 

【第1章 地元から絶対に離れたくない若者たち】

・マイルドヤンキー密着調査から
・アラサー地元族夫婦の消費傾向
 

【第2章 マイルドヤンキーの成立】

・ヤンキーの変遷(80年代~ゼロ年代後半)
・現代若者の4分類
・野望を持たない若者たち
 

【第3章 ヤンキー135人徹底調査】

・ギャンブルとの親和性
・キャラクター好き
・高い喫煙率と焼酎人気
・高級ブランドへの憧れ
・ホスピタリティ優先の車選び
・電車に乗るのがイヤ
 

 【第4章 これからの消費の主役に何を売るのか

・手軽な非日常を探せ
・「仲間とくつろげる場所」が欲しい
・望むのは何よりも「安定」
・地続きで平穏な日々のための消費

 



  松田久一氏は、著書『ジェネレーショノミクス』の中で「世代が価値意識を変え、価値意識が経済を変える」と述べています。また『絶望の国の幸福な若者たち』の著者、古市憲寿氏は、弊協会研究会での講演で、“若者たちはムラ社会の中で生きる”、“消費による自己実現からコミュニケーションによる相互承認の時代へ“と述べています。
 本書は、膨大なインタビュー調査をもって、そうした事実、状況を裏付けているように思われます。 
  
 
(マーケテイング共創協会 座間 忠雄)


  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内