Zama book

2014年04月16日
「『本質直観』のすすめ」水越 康介 著
  新 刊 紹 介 出版社書籍情報ボタン
書籍画像 書籍名 「本質直観」のすすめ
著 者 水越 康介
出版社 東洋経済新報社 発売日 2014/02/28 価 格 1.500円+税

 
 著者は、首都大学東京大学院ビジネススクール准教授。
専攻はマーケテイング論、商業論、消費者行動論。博士(商学)。

 「本質直観」とは何か。著者は冒頭にこう述べている。
 本質直観とは、ビッグデータや統計分析がもてはやされ、データ至上主義的にさえ
感じられる、昨今のビジネスの現場を見つめ直す試みであり、まず自分自身が
しっかりとものごとを考える。
 データに振り回されず、かつ自己満足で終わりもしない。そうして生産的なアイデア
を作っていくための具体的な方法が、本質直観なのです。
 本書は、日々ビジネスに携わる方に向けて書いています。

 ・・・特にマーケテイングや商品開発に関わる方にとって、本書はより意味のある
内容であろうと思います。
 本質直観を理解すれば、マーケテイング・リサーチがどのような役割を果たせば
よいのか、いままでとは180度異なる見方ができるようになるでしょう。
 



12章の構成であるが、大きくは以下のような内容構成になっている。

◇本質直観とは何か

◇実際のケースから「本質直観」を考える

 ・レッツノートの開発プロセスとユーザーコミュニティの深い関係
 ・銀行ATMにバックミラーがつけられた「驚き」の理由とは?
 ・「無意識的な思考」や熟練の寿司職人の技を共有するには?

◇経営学・マーケテイングの方法から「本質直観」を理解する
 ・誰のどんな声を聞いてどう応えるか―市場反応とセグメンテーション
 ・市場志向がめざすものとは?―オブザベーション
 ・無意識は取り出せるか?―心脳マーケテイングとZMET
 ・リサーチの強みと弱みは反転する―リサーチを生かす組織の仕組み
  



  フッサールの「現象学的還元」と「本質直観」という話が織り込まれ、
やや難解な面もあるが、リサーチをしても消費者に聞いてもヒット商品に
なるようなアイデアが発見しにくいといわれる今日、マーケター自身の
本質直観を基本にして、それを掘り下げ、自分自身にその確信を問い直す
ことによって、その確からしさを高めていく。
 自分で考えるということを徹底していきましょう、という著者の主張を
興味深く感じました。 

(マーケテイング共創協会 座間 忠雄)


  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内