Zama talk

2017年08月09日
「このままでいいのか家庭の食と食マーケット」高垣 敦郎 氏


 第1182回 マーケティング創造研究会
日 時  2017年07月27日(木)14:30~16:30
テーマ このままでいいのか家庭の食と食マーケット

講 師
 サーチクリエイション 代表 高垣 敦郎 氏


今回は、ハウス食品株式会社で長年、マーケティングリサーチを担当されてきた
高垣敦郎講師をお招きして「家庭内食生活の動向と食マーケットの今後」について
ご解説頂きました。

(主な内容)

  1.最近の気になる食マーケットの動向
  2.家庭内食30年の変化
  3.飽きのこないおいしさとは
  4.お母さんはなぜ料理をつくるのか
  5.これからの家庭の食のために何が必要なのか





上記(主な内容)の「最近の気になる食マーケットの動向」から
「これからの家庭の食のために何が必要なのか」までご解説頂きました。

●最近の気になる食マーケットの動向
 2020年家族が変わる/専業主婦は絶滅危惧種/食の低関与者の増加
 /若い世代の人たちの食と購買行動/家族はいるが家庭がない
 /子供に迎合するお母さん

●家庭内食の歴史的な変化
 1900年代以降の食品のロングセラー一覧/家庭内食30年の変化
 /50代の年配層が若い世代に近づき、年齢で格差がなくなる方向で変化してきた
 /ロングセラーが幅を利かせるマーケット/メニュー内容の変化/調理内容の変化
 /調味料の変化

●食品メーカーには「飽きのこない」おいしさの提供が必要とされる
 飽きのこない理由とは/飽きのこない食品TOP15
 /飽きのこないおいしさづくりが食品メーカーの究極の目的

●おかあさんはなぜ料理をつくるのか
 調理行動促進・阻害要因モデル/なぜ家庭で料理をするのか?


お話の最後に、企業活動にとってマーケティングリサーチの一番大切なことは、
リサーチによってわかった事柄をどう読み解くかであり、
(競合他社も知らなかった)お客様の心理と課題の発見こそ本当の意味での
マーケティングリサーチであると結ばれました。

長年マーケティングリサーチを実施され、解析されてきた高垣講師の
メーカーマーケターとしての実感を感じさせられました。


(マーケティング共創協会 座間 忠雄)


  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内