Zama talk

2017年11月29日
「美容市場で今、何ができるのか? ~No.1 美容誌『美的』が狙うブランドビジネス~」兵庫 真帆子 氏


 第1189回 マーケティング創造研究会
日 時  2017年11月29日(水)14:30~16:30
テーマ 美容市場で今、何ができるのか?
 ~No.1美容誌『美的』が狙うブランドビジネス~

講 師
 株式会社小学館 女性メディア局 チープロデューサー 兵庫 真帆子 氏


今回は、「CanCam」編集長、「美的」編集長等を経て、現在、女性メディア局
チーフプロデューサーと「美的」「Domani」ブランド室長、書籍コンテンツ企画
室長を兼務されている小学館の兵庫真帆子氏に「美容市場で今、何ができるのか?
-No.1美容誌『美的』が狙うブランドビジネス」についてご解説頂きました。

(主な内容)

・「美容誌」から「美的ブランド」へ
・「美的ブランド」が狙う“新規ビジネス”とは?
  (1)体験を共有する (2)製品を開発する (3)コンテンツを作る
・「美的ブランド」ビジネスとLINEの親和性
・本誌付録も「美的ブランド」ビジネスの主軸!
・「美的ブランド」ビジネスの今と未来
・「美的ブランド」が注目する美容トレンド





「美的ブランド」ビジネスとLINEの親和性の事例として以下の事例をご紹介頂きました。

 ・ゲラン公式アカウント友だち追加施策
  --新規友だち獲得&店頭サンプリングキャンペーンの盛り上げ
 ・クリニーク店頭サンプリング協力企画
  --店頭サンプリングキャンペーンの盛り上げ
 ・ランコム商品発売日のPR告知
  --商品発売日の情報解禁/公式商品サイト&通販サイトへのダイレクトリンク

そして以下のお話に「今~これから」の潮流を感じました。

 ・「自分ゴト化」と「インスタ映え」を叶えるコスメ
 ・最大の武器はソーシャルパワー(紙メディア・美的とWEBメディア・美的.com)

ちなみに本日(12月1日)「2017ユーキャン新語・流行語大賞」に「忖度」とともに
「インスタ映え」が選ばれました。




(マーケティング共創協会 座間 忠雄)


  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内