Zama talk

2017年12月08日
「日経MJ編集長が解説する2017年日経MJヒット商品番付」中村 直文 氏


 第1190回 マーケティング創造研究会
日 時  2017年12月08日(金)14:30~16:30
テーマ 日経MJ編集長が解説する2017年日経MJヒット商品番付

講 師
 日経MJ 編集長 中村 直文 氏


今回は、日経MJの中村直文編集長に「2017年ヒット商品にみるイマドキ消費
とこれから」についてご解説頂きました。

(主な内容)

 

◆2017年ヒット商品の特徴
 ・ヒット商品の決まり手は消費者の「ウチ(家、内)」を充たすこと
 ・長寿時代。健康でいつまでも美しく。そしてもう一花。
 ・革新度ではうんこ漢字ドリル
 ・格安品の限定販売
 ・モノを売る時代は終わった


◆ヒット番付の歴史を振り返る
 ・40年前の1977年
 ・30年前の1987年
 ・20年前の1997年
 ・10年前の2007年
 ・10~20年前はモノが7~8割を占める
 ・2016年、2017年は3割がモノ、7割がコト(サービス等の体験型消費)
 





2017年のヒット商品の紹介とその特徴についてご解説頂きましたが、結びとして
次のようなお話( 本年のMJ話題) をもって結んで頂きました。
 
 ・絞るほど、広がる
 ・そこでしか手に入らないもの
 ・自己実現型も好調
 ・女性消費の常識が変わる(少年ジャンプの2割が女性、オロナミンCは半分が女性)
 ・男型マーケの限界?(女性脳と男性脳)
 ・より個別に

また「世界のエリートは何故『美意識』を鍛えるのか?」(光文社新書)を最後に
ご紹介頂きました。

「経営におけるサイエンスとアート」という副題にあるように、今日の消費者は
理性(サイエンス)によって商品を選ぶというよりも感性や情緒というアート的
感覚をもって選び、消費していることがポイントになっているということだと
思います。



(マーケティング共創協会 座間 忠雄)


  • トップページ
  • これまでのセミナーリスト
  • CMSメンバー企業一覧
  • 講師一覧
  • 派遣講師一覧
  • CMSメンバー制度・申込み
  • お問い合わせ・ご連絡
  • 協会案内